タグ:SONY α7 ( 236 ) タグの人気記事

2017年3月17日撮影 神奈川県相模原市(石老山登山口) SONY α7(初代) + FE 3.5-5.6/28-70 OSS

e0367501_23112317.jpg

流石にこれだけ大きくて見事な梅の木は住宅街ではまず見かけない。「梅園」に行けば見事な梅の木が沢山あり今の時期美しい花を咲かせている。アップの写真を撮る分にはとても良いと思うが、梅の木全体を撮ろうと思うと意外と上手く撮れないものである。やはり梅園の梅の木というのは「人工的」なのである。

こんな風に、山里にぽつんと咲いている梅の木や桜の木というのは「被写体」としてはとても魅力的である。この写真を撮ったときは妻と二人で「石老山」に登って降りてきた後で、車でこの梅の木の前を通過した際に車を停めてちゃちゃちゃと何枚か撮って終わりにしてしまった。こういう梅の木に三脚や脚立を持って行って2時間ぐらい掛けて写真を撮ったら素晴らしい写真を撮ることが出来るだろう。そういうことをやってみたいと思うことには思うのだが、実行したことは一度も無い。そこまでして素晴らしい写真を撮りたいと思わないからである。写真を撮るためだけにどこかに出掛けると言うことをほとんどしたことがない。でも、この春は写真を撮るためにどこかに行ってみたいと思っている。

1本の梅の木を、同じアングルから撮影した3枚の写真を続けてお見せしたが、撮り方一つでこんな風に違った雰囲気の写真になるのである。やっていることはただ梅の木にレンズを向けてシャッターボタンを押しているだけだ。同じカメラと同じレンズで撮っているのにこんな風に写真が変わるのだから写真を撮るって面白いよね。

それにしても、初代α7にキットレンズ、良く写るじゃ無いか。


by dialogue2017 | 2019-02-18 23:30 | | Comments(0)

ISO400で撮影したらα7(初代)とα7Ⅲの画質なんてほとんど変わらない。私はスナップに使うなら、いまでも初代α7に古いZEISSのレンズで十分だと思う。この写真ぐらい写ってくれたら十分じゃないだろうか?

2017年3月17日撮影 神奈川県相模原市(石老山登山口) SONY α7(初代) + FE 3.5-5.6/28-70 OSS(ズームキット用レンズ)

e0367501_21275956.jpg

昨日と今日SONY α7Ⅲを使った。昨日使ったレンズはFE24-105mm F4 G OSS(希望小売価格165,000円+税)。今日使ったレンズはPlanar T* 50mm F1.4 ZA(希望小売価格190,000円+税)。まあ「高級レンズ」と言っても良いだろう。上の写真を撮ったのはFE 3.5-5.6/28-70 OSS(希望小売価格59,000円+税)である。私は2014年にα7を購入する際「レンズキット」を購入した。キット価格から当時のボディ価格を差し引くとこのレンズの価格は2万円台であった。とても軽くてα7の小型軽量をスポイルしないレンズである。特筆するようなレンズではないが、家族旅行などの記録写真を撮るのには十分なレンズだと思う。

この写真を観て、昨日今日使ったα7Ⅲの画質との差をまったく感じない。この写真をα7Ⅲで撮った写真だと言ってみせられたら疑い一つ持たずに信じるだろう。奇麗に写っていると思う。若い人でフルサイズセンサーミラーレスカメラを欲しいと思っているけれど資金的なゆとりがないと言う人にとって初代α7はひとつの選択肢になるだろうと思う。いまでも「レンズキット」が売られているならキットで買うことを勧める。

α7系カメラの「欠点」はレンズが高いことである。若い人にはPlanar T* 50mm F1.4 ZAやDistagon 35mm F1.4 ZA(希望小売価格220,000円+税)は気軽に手を出せないだろう。FE85mm F1.4 GMは「希望小売価格225,000円+税」である。FE24-105mm F4 G OSSは「希望小売価格165,000円+税」である。若い人にはとても手が出せないと思う。α7Ⅲとこの4本のレンズを揃えたら100万円に手が届く価格になる。今日、散歩中に町で見かけたBMW Z3の4.8万キロ乗った中古車が65万円だった(外観はとても奇麗だった)。それと比べたらα7用のレンズは高いと思う。

しかし、「抜け道」がある。古いYashica-ContaxマウントのZEISSレンズを使うと言う手があるということである。マニュアルフォーカスレンズなのでポートレートを撮るには辛い。しかし、スナップをするならなんの問題もないと思う。Distagon1,4/35は高いから手を出さない。まずはPlanar1,4/50。「ヤフオク」なら2万円台で手に入る。Sonnar2.8/135は1万円台から手に入る。Macro-Planar2,8/60も素晴らしいレンズだ。「ヤフオク」での出品は少ないが4万円前後である。Distagonは1,4を諦めて2,8を使う。小さくて軽くて使い易い。F1.4よりかっちり写るのでスナップに向いている。「ヤフオク」なら2万円台前半から出品がある。「α7」のボディの新品価格は89,730円(マップカメラ価格)。

いや、誰かに買ったら良いと勧めているわけではない。α7Ⅲの新品ボディを買う価格でα7(初代)の新品ボディとツアイスレンズ2〜3本を揃えることが可能だという「事実」を教えただけである。α7と FE 3.5-5.6/28-70 OSSの「ズームキット」はまだ売られているようである。「価格コム」での最低価格は108,800円。これにPlanar1,4/50とDistagon2,8/35とSonnar2.8/135の3本を揃えてもα7Ⅲの新品ボディ価格と同じくらいだろう。もしかしたら少し安いかもしれない。私が若くて経済的ゆとりがなかったとしたら迷わずこういう選択をするだろう。



by dialogue2017 | 2019-02-18 22:00 | 写真とカメラの話し | Comments(0)

2018年3月8日撮影 FUJIFILM X-T20 + Carl Zeiss Sonnar2,8/135 T*(Y/C) 

e0367501_20253782.jpg

梅の花を撮るのに望遠レンズでなければならない訳では無い。根気よく撮るつもりさえあればどんなレンズでも綺麗な写真を撮ることができる。ただし、梅の木の周り360度から自由にアングルをとれると言うことが条件である。私は一度も実行したことがないが、梅の花を奇麗に撮るためには「脚立」を用意した方がいい。梅の木は意外と高いので上の方に咲いている花が沢山ある。高い位置にある花は下から仰角で撮るしか無いが、その場合背景を上手に整理することができないケースが少なくない。脚立の上からアングルを取れば、俯瞰で撮ることも出来るし、レベルで撮ることも出来る。どう撮るにしても背景を処理して撮ることが可能になると言うことである。

で、「梅の花は望遠レンズで撮る」という話であるが、要するに狭い画角で「切り取る」ことによって枝のゴチャゴチャを切り捨てられると言うことである。また、大きなボケを使って背景のゴチャゴチャをぼかしてしまうことも可能だと言うことである。確か昨年の今頃そういう写真を1枚撮った記憶があるので検索したら上に掲載した写真が見つかった。

撮影した場所は覚えている。なぜか、レンズを構えていた時の自分の姿が記憶に残っている。実際には自分で自分の姿を見ることは不可能であるが、撮っている時の自分の姿を後ろの上の方から眺めていたような「絵」が頭に残っている。実はこの写真はまだ若い低木の梅の木であった。そのため、中腰になって下の方に咲いていた花を中望遠レンズで撮った。私にしては珍しく「工夫」して真面目に撮った写真なので撮った時の記憶が残っているのだろう。

このレンズ、40年近く前のマニュアルフォーカスレンズである。いま「ヤフオク」で調べてみたら一番安い出品は「即決価格」が10,500円であった。15,000円出すつもりがあればいつでも手に入るレンズである。抜きん出たスペックではないが良いレンズである。マウントアダプターを使ってα7やX-T2などに装着して使うことができる。この写真はX-T20に装着して撮影した。135判換算で200mm相当の「画角」となる。

背景の「黄色」がまるで「金屏風」のような雰囲気で「和のテイスト」が出ていると思う。背景のことまで覚えていないが「人工物」であったと思う。右下の白いボケの輪郭を見るとそれが人工物であることが分かる。ここまでぼかしてしまうと背景が人工物でも分からなく成る。α7やX-T20などを「母艦」にして古いマニュアルフォーカスのツアイスレンズを使うというのはなかなか楽しいことだと思う。


by dialogue2017 | 2019-02-18 20:35 | 写真とカメラの話し | Comments(0)

ほぼ同じ絵柄で撮った"この写真”と色味が違う理由は撮影時間が1時間半も違い「光」が全く違うからである。あちらの方が奇麗な光であった。2枚を比べるとα7Ⅲで撮った写真の方が綺麗に撮れているがカメラの性能の差より撮影時の条件の違いの方が結果に大きく関係していると思う。こういう写真は光の当たり方が僅かに違うだけで結果が変わる。いや、どんな写真でもそうなのだ。たまにこういう写真を撮ってみると写真は「光」の使い方次第だと言うことが肌身に染みてよく分かる。こういう感覚は漠然とスナップをしているだけだとなかなか身につかない。

SONY α7(初代) + Sooner T* 55mm F1.8 ZA ISO800 F11 1/100(マニュアル) AWB CS:ディープ ISO800でも大きな問題は無い

e0367501_15162955.jpg

(289文字)


by dialogue2017 | 2019-01-30 16:00 | | Comments(1)

昨日掲載した「190129薔薇(1)」以後の写真は「クリア」「ディープ」「人物」などのクリエイティブスタイルを使ってRaw現像したモノで「スタンダード」を使った写真は1枚もない。下の写真は「スタンダード」で現像したモノなので最も「無個性」的な描写である。だから、ひとつ前のエントリーまでに掲載した写真と単純に比較しても意味が無いが、初代α7とα7Ⅲの描写性能にほとんど違いは無いと言って良い。少なくともISO400までの撮影であればほぼ同じレベルの画質であると言っても言い過ぎでは無いだろう。Sooner T* 55mm F1.8 ZAの描写性能も素晴らしい。

SONY α7(初代) + Sooner T* 55mm F1.8 ZA ISO200 F3.2 1/320(マニュアル) AWB CS:スタンダード

e0367501_14015336.jpg

(267文字)


by dialogue2017 | 2019-01-30 15:00 | | Comments(0)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by dialogue2017 | 2019-01-09 19:00 | スナップ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by dialogue2017 | 2019-01-08 22:30 | スナップ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by dialogue2017 | 2019-01-08 22:00 | スナップ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by dialogue2017 | 2019-01-08 21:30 | スナップ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by dialogue2017 | 2019-01-08 21:00 | スナップ