人気ブログランキング |

2005年7月18日の撮影。池の平湿原。たしか、この山歩きの直前にCONTAX G1を手に入れVelviaを入れて撮った。上がってきたスリーブを見て仰け反った。そもそもVelviaは高彩度であるがマウントZeissとの組み合わせると「まったり」感が増幅される。たぶん、これなスキャンしたあとコントラストと彩度を落としていると思う。レンズはG-Biogon2,8/28。妻は予定日を一月後に控え大きなお腹で2,000mの山登りをしていた。

古い写真を眺めるのは楽しい(8)_e0367501_18542456.jpg

2005年7月27日撮影。西伊豆堂ヶ島。これもCONTAX G1にVelvia。レンズはG Planar2/45だったような…

古い写真を眺めるのは楽しい(8)_e0367501_19025259.jpg

誰かが海に「ブルーブラック」のインクを流してしまった(笑)。元も酷いがスキャンで更に酷くしているのだと思う。

古い写真を眺めるのは楽しい(8)_e0367501_19053449.jpg


by dialogue2017 | 2019-03-10 19:30 | 古い写真 | Comments(0)

息子が生まれた2005年以前の写真を見ると山歩きと旅行の写真がかなり多い。2001〜2005年の5年間で70回ほどは旅行に行っていると思う。驚いたのは自分が記憶しているよりよく雪山に行っていること。それから、2001〜2006年ぐらいは私は結構フィルムで写真を撮っていたこと。

2002年7月20日撮影。霧ヶ峰 FUJIFILM FinePix40i 我が家初のデジカメ 200万画素で79,800円もした

古い写真を眺めるのは楽しい(7)_e0367501_18313140.jpg


2003年5月3日撮影。上高地。FUJIFILM FinePix40i 私が手にしているのは妻が学生時代に使っていたEOS Kiss。ポジフィルムを入れて撮影している。この頃の私の写真を見るとこのカメラを使っていることが多い。

古い写真を眺めるのは楽しい(7)_e0367501_18370040.jpg

2003年3月29日撮影。新穂高(西穂高への登山ルートの途中)。FUJIFILM FinePix40i 手にしているのはEOS Kiss。


古い写真を眺めるのは楽しい(7)_e0367501_18384309.jpg

2002年8月10日撮影。仙丈ヶ岳山頂。FUJIFILM FinePix40i このカットを撮ったらバッテリーが上がってしまい撮影ができなくなった。このころはまだバッテリーの予備を持ち歩く習慣がなかった。その後、デジタルカメラを購入すると必ず追加でバッテリーを2つ買うようになった。どんなデジカメも例外なく最低3個のバッテリーがある。いや、645Dだけは2つだ。あのバッテリーは1つを切れるまで使ったことが一度も無い。山歩きの写真、雪山の写真はまさに「山のように」ある(笑)。

古い写真を眺めるのは楽しい(7)_e0367501_18413038.jpg


by dialogue2017 | 2019-03-10 19:00 | 古い写真 | Comments(0)

別に人に見せるほどの写真では無い。ただ、当時住んでいた家のリビングで娘を撮ったと言うだけの写真である。そんな写真を掲載した理由はGXR A12 50mm F2.5 MACROで撮った写真だからである。つまり、shi-Photo君一人に見せるために載せたと言うことである。ファイルサイズが小さいのでぼやけて見えるが、元ファイルは奇麗に写っている。娘の顔に直射光が当たっているのでコントラストの強い写真になってしまっているが、レンズの秀逸さの一端は伝わるだろうと思う。多分前の晩の設定のままISO800で撮ってしまったのだろうと思う。このとき娘は3歳。

このカメラは2009年12月の発売。9年前のカメラでこれだけ写るのだから最新カメラの必要なんて感じない。

2013年2月4日撮影。自宅リビング。ISO800 F2.5 1/1000 ±0EV JPEG 


古い写真を眺めるのは楽しい(6)_e0367501_18204976.jpg



by dialogue2017 | 2019-03-10 18:30 | 古い写真 | Comments(1)

2004年8月2日撮影。マレーシア・サバ州コタキナバル。サバ州というのはボルネオ島にある。首都クアラルンプールからは1,000kmほど離れている。クアラルンプールよりフィリピンのミンダナオ島の方が近い。言うまでも無くインドネシアとは地続きである。赤道に近いため南国である。この時に撮った写真には海を撮った写真や夕景など美しい写真が結構あるのだが、自分ではこういう写真が好きである。写真は旅先で撮るものだと思う。外国を旅したら素敵な写真が山のように撮れると思う。ヨーロッパの国々を回って写真を撮って見たいと思うし、アジアの国々の写真も撮って見たいと思う。私が日常的に写真を撮り始めたのは息子が生まれた2005年からのことで既に私は48歳になっていた。52歳の時に娘が生まれ、この10年間は「子育て」中心の生活で本格的に「写真」を撮ろうなどと思ったことは無かった。いや、そういう願望を抱いたことは何度となくあるが、実行に移そうと思ったことは無かった。いまの自分がまだ50歳前後であれば、ヨーロッパまで行かないまでも、タイやベトナムなどを旅して写真を撮って見たいと思う。日本国内にだって美しい風景は沢山あると思うが、外国の風景の方が遙かに魅力的だ。なんだか樽型湾曲が酷いな。

古い写真を眺めるのは楽しい(5)_e0367501_16404139.jpg


by dialogue2017 | 2019-03-10 17:30 | 古い写真 | Comments(0)

2005年9月30日撮影。荒川自然公園。なんか独特な色合いの写真だ。「いったいどのカメラで撮ったのだろう?」と思った。KONICA MINOLTA DiMAGE A2だった。2004年に発売されたカメラで、当時は「800万ピクセル」が売りだった。我が家にとって2台目のデジカメだったが、1台目も2台目も妻が購入して妻が使っていた。私はこのころCONTAXのカメラやBessaなどにポジフィルムを入れて撮っていた。このカメラには28-200mmという高倍率ズームレンズが付いていたので旅先では重宝した。EVFを搭載した走りのカメラだったと思う。まだSDカードではなくCFカードだった。当時はカードが高かった。それにしてもこういう光で撮るのが好きだね〜(笑)。いまなら椅子と「正対」して撮ると思うけれどこの頃はそんなことをあまり気にしていなかったようだ(まあ、いまでもあまり気にしてはいないけれど)。このカメラはまだ残っている。今更使おうとは思わないけれど、この独特な色合いは魅力的だ。まるで「Konica Chorome SINBI」みたいな色だと思ったら、このカメラKONICAのカメラだった(爆)。当時あまり意識したことなかったけれど、SINBIの色そっくりだ。

古い写真を眺めるのは楽しい(4)_e0367501_16042788.jpg

by dialogue2017 | 2019-03-10 17:00 | 古い写真 | Comments(0)

これも(2)と同じ日に撮った写真。息子が生後7ヶ月目を向かえる半月ほど前。いまから考えると「親子3人」という時期があったのがなんだか不思議である。この頃は10DにはSIGMA 18-50mm F2.8 EX DCを付けっぱなしだった。多分、マニュアルフォーカスのZEISSレンズを別にするとEFマウントの単焦点レンズは1本も持っていなかったと思う。写真に対する拘りなんて全くなかった。世間の普通のお父さんと同じように家族の写真を撮っていたんだと思う。SIGMA 18-50mm F2.8 EX DCの前はTAMRONの28-30mmを使っていたくらいだから。流石に28-300mmじゃパッとしないのでSIGMA 18-50mm F2.8に換えた。SIGMA 18-50mm F2.8はかなり長い期間愛用していた。EOS 5Dを買う前はほとんどこのレンズで家族写真を撮っていたと思う。いま調べてみたらAmazonで中古品が14,000円であった。EOS 10Dは2003年3月に発売されたカメラだからもう16年前のカメラ。620万画素CCDセンサー。背面モニタは1.8型。35mm×32mmほどの小さなモニタだった。でも、これだけ写れば十分だと思う。X-T2 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OISとクレジットされていたら信じるよ(笑)。家族写真、10万枚なんか遙かに超えているだろう。

古い写真を眺めるのは楽しい(3)_e0367501_15440792.jpg


by dialogue2017 | 2019-03-10 16:30 | 古い写真 | Comments(0)

2006年3月3日撮影。今年は河津桜を見に行くつもりだったのにまた行き損ねた。2月末から3月初旬に掛けて見ることができることと、花ビラの色が濃いため4月のソメイヨシノを見るのとは違った趣がある。こういう桜のアーチの下を歩くのはとても素敵だ。木漏れ日好きだな(笑)。


古い写真を眺めるのは楽しい(2)_e0367501_15340633.jpg


by dialogue2017 | 2019-03-10 16:00 | 古い写真 | Comments(0)

息子は2005年8月14日生まれなのでちょうど生後一月の日。この写真を撮った後、両祖母と一緒に「水天宮」にお宮参りに行った。この写真は出掛ける前に撮った。この頃はフィルムでもかなり撮っていたし、EOS 10Dに古いZeissレンズを付けて撮影することも多かった。この写真も多分Zeissだと思うがレンズが分からない。当時よく使っていたのはPlanar1,4/50とDistagon1,4/35の2本であるがどちらでも無いような気がする。

レンズはさておき、この頃もこういう撮り方をしていたのだな〜と思った。人物を日陰に入れてしまい顔には直射光が当たらないようにしておいて、しかし人物のどこかに光が当たっていて写真にはハイライトがあると言う撮り方である。10Dは結構写るカメラだったと思うけれど、その後5D・5D3、そしてX-T2の絵を見慣れているとかなり緩い写りだと思う。ただし、初代5Dに通じるゆるさで悪くないと思う。この写真はそもそも大して綺麗に撮れてないからあれだけれど、もう少しきちんと撮れている写真ならレタッチでよい雰囲気に作れるかもしれない。


2005年9月14日撮影。自宅リビング。EOS 10D。レンズは古いマニュアルフォーカスレンズであるがレンズ名は不明。


14年前もいまと同じような撮り方をしていた_e0367501_15033902.jpg

by dialogue2017 | 2019-03-10 15:30 | 古い写真 | Comments(0)

目のコンディションが悪いため読書ができない。真空管アンプが壊れてしまい音楽を聴くこともできない。ブログを書く気にも慣れないのでMacbookに一番古い外付けHDDをつないで写真を見ている。2001年〜2005年までの写真を見終えて、いま2006年の写真を見ているところ。と言っても、ほんの一部を見ているだけだけれど。少しだけだけれどフィルムで撮った写真のスキャン画像があった。ネガフィルムで撮った写真のスキャン画像は色が転んでいて酷いのだけれど、ポジで撮った写真はなんとか見られる感じ。もっともVelviaは駄目だけれど(笑)。これは息子が生後8ヶ月の時の写真。当時住んでいた家のリビングで撮った。フィルムもカメラもレンズもまったく覚えていないが、写真の感じからするとレンズはPlana1,4/50でフィルムは多分PROVIAだろうと思う。※追記。眺めている内にデジタルかもしれないという疑念が生まれた。しかし、この時期はまだEOS 5Dを持っていなかったし、10Dでハイライトがここまで奇麗に出たという記憶が無い。でも10Dの可能性あるな。

当時はほとんど何も考えずに撮っていたのだけれど、光の使い方はいまと同じ。この写真は"この写真”と同じ光の捉え方だ(笑)。スキャンしたファイルの解像度が低いので不鮮明だけれど探せばどこかにポジがあるはず。こういう古い写真をきちんとスキャンしなおさないと。そして少しプリントしてみたい。でも、プリントするならネガフィルムからゼラチンシルバープリントを作りたい。ああ、やはりネガカラープリントやりたいな〜。インクジェットプリンターでプリントしても全然面白いと思わないんだよね。

2006年5月に撮影。自宅リビング。


古い写真を眺めるのは楽しい(1)_e0367501_13493918.jpg

by dialogue2017 | 2019-03-10 15:00 | 古い写真 | Comments(0)