ざっくりと見積もりを出してみた 本気で撮る気になれるカメラとレンズ

SONY α7Ⅲの「製品紹介」ページをざっと見てみた。初めて見た。AF性能がかなり高そうだという印象を受けた。もっとも求めている「瞳認識AF」の性能はかなり優秀そうである。また、「AF追随高速連写」の性能も高いそうだ。本気で撮るためのカメラにもっとも求める性能はAF性能の高さである。「ピント」に関しては100%カメラ任せにしたいのである。そうすれば撮ることに専念出来るから。α7Ⅲはその期待に概ね応えてくれそうである。

私はいままで「連写」は全く使わなかった。いや、正確に言うと息子のサッカーの試合と運動会の撮影の時だけ使ったが、それ以外ではまったく使っていなかった。しかし、本気でポートレートを撮ることになったら多少は連写を使うつもりだ。動きのある写真を撮りたいからである。だから「AF追随高速連写」の性能が高いというのも大きなメリットである。もう一点、手ぶれ補正機能が非常に優秀そうであるのも大きい。というのは、私はモデルを動かし、自分も動きながらポートレートを撮りたいと思っているからだ。いままで手ぶれ補正機能なんてあってもなくても良いと思っていたが、本気で撮るためには是非欲しい。プロの友人の気持ちがやっとわかった(笑)。

正直に言って、SONY製のCMOSセンサーの色味はあまり好きでは無い。初代のα7でほとんど人物を撮らなかったのはそのせいである。NIKONの色もあまり好きでは無い。それもそうだ。NIKONのカメラはSONY製のセンサー搭載機が多いから。Canonの「肌色」になれているとSONYやNIKONの「肌色」にいまひとつ馴染めない。EOSからの乗り換えをX-T2にした大きな理由の一つが「肌色」の発色にあった。しかし、色味は調整可能なのでそれ以外のメリットが大きければ無視できる。

昨晩ひとつ前のエントリーを書いたときには半分は「空想」であった。しかし、今し方α7Ⅲの製品紹介ページに目を通したら、今日明日にでもα7Ⅲが欲しいと思った。本気で撮影する第一回目からα7Ⅲでスタートしたいと思ったのである。手元には初代のα7がある。これは"サブ”として残そうと思う。α7は古いY/CマウントのZEISSレンズの「母艦」として買ったカメラなので純正レンズは2本しか所有していない。お買い得なズームキットを買っておいたのでFE28-70mm F3.5-5.6 OSSがある。手ぶれ補正機能も付いているし写りも悪くはないが、ほとんど使ったことが無い。単焦点レンズを使い慣れている感覚からすると物足りないからだ。

1本だけ純正の単焦点レンズを買った。Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAである。当時はまだEFマウントレンズがあまり出ていなかった。私は50mmが好きなのでこのレンズを選んだ。比較的安いがZEISSらしい写りのレンズである。SonnarであるがPlanar1,4/50(Y/C)に似たところのあるなかなか素晴らしい描写である。ただ、ちょっと堅い感じがするため、α7Ⅲを導入したら、このレンズは処分してPlanar 1,4/50に換えるつもりだ。しかし、取りあえず「標準」はSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAを使っても良いだろう。メインレンズは85mmになるだろうから。

手持ちのレンズの中でもっとも好きなのはDistagon 1,4/35なのでDistagon T* FE 35mm F1.4 ZAは直ぐにでも使ってみたいがポートレートでは35mmをあまり多用しないだろうと思う。後ろ髪を引かれる思いではあるが、この際Distagon35mmを見送り、汎用性の高いFE24-105mm F4 G OSSを使おうかと思う。ポートレートの場合24-105mmよりは24-70mmを使うフォトグラファーの方が断然多い。前者がF4通しなのに対して後者はF2.8通しのレンズを使えるからだ。描写性能の高いG MASTERレンズであるFE24-70mm F2.8 GMを選んだ方が良い気もするが、105mmまで使える方が使い勝手が良いだろう。ズームではあまり大きなボケを使うつもりは無いのでF4通しで十分だ。と言うわけで、最初は、α7ⅢボディにFE24-105mm F4 G OSSとFE 85mm F1.4 GMの2本を買おうかと考えた。ボディにレンズ2本で533,367円である。仮にFE24-105mm F4 G OSSではなくFE24-70mm F2.8 GMの方を選択した場合の総額は604,669円となる。

で、手持ちのカメラやレンズの中である程度値が付くモノの「買い取り価格」を調べてみた。まず、Y/CマウントのZeissレンズ。「世界に冠たるZEISS」の銘玉と言えどもいまのご時世では値が付かない。我が国唯一のZEISS中古カメラ専門店である「極楽堂」の買い取り価格の中で最安値のランクで計算して11本全部放出して約16万円である(涙が出るほど安い)。ヤフオクで気長に売れば1.5倍にはなるだろう。もっとも、実際に「極楽堂」に持って行けば間違い無く16万以上にはなる。あくまで最低ランク品の値段で算出した額だから。たぶん、20万円にはなるだろう。

Canonのレンズは「現行品」なのでZEISSより値が付く。EF17-40mm F4L、EF24-105mm F4L、EF70-200mm F4L、EF100mm MACRO Lの4本で174,300円。これはMapCameraの「買い取り限界」価格なので実際に売却したら8掛けぐらいに落とされる可能性がある。7D MarkⅡは新品同様なので買い撮り限界の53,000円で売れるだろう。ショット数も少ないし。Canonの合計で227,300円。レンズが8掛けになったとしても20万円ほどになるだろう。

最後に、思い切ってFUJIFILMのカメラとレンズをすべて売却すると、ボディ2台にXFレンズ8本、先週購入したばかりの縦位置バッテリーグリップの売却価格は497,500円。ZEISSレンズで16万円、Canonで20万円、FUJIFILMで50万円。売却総額はおよそ86万円となる。

なんと、昨日計算したSONY α7Ⅲに、FE 85mm F1.4 GM、Planar T* FE 50mm F1.4 ZA、Distagon T* FE 35m F1.4 ZAVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの4本の購入価格 846,948円がすべて賄える! しかも、これは全部新品の価格である。ボディは絶対に新品で買うが、レンズの方が中古でも構わない。そうなると80万円を切る価格となる。「標準」は当面Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAを使うことにしてPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAを外し、その代わりにFE24-105mm F4 G OSSを入れても購入価格は変わらない(正確にはちょっと安くなる)。

FUJIFILM X-T2・X-20を使い始めてまだ1年7ヶ月。最近お気に入りのXF56mmとXF35mm、そして特別感のあるXF90mmとXF50-140mmを買ったのは今年の3月末のことである。X-T2・X-T20の「絵」は気に入っている。家族の「記録」写真を撮る分には「瞳認識AF」なんてなくても構わない。「暗部ノイズ」も大きな問題ではない。なんと言っても、FUJIFILM Xシリーズのカメラとレンズは小型軽量なのが素晴らしい。家族の記録写真を撮るには最適である(だからEOSから移行した)。ひとりで江の島・鎌倉界隈界隈に出向いてブラブラしながらスナップするときにはX-T20がちょうど良い。XF35mmを装着したX-T20は小さくて快適だ。バッグの中にXF56mmを忍ばせておけば十分である。しかし、本気でポートレートを撮ろうと言うことになったらX-T2・X-T20では「足りない」。

もちろん、「画質」を最優先させる積もりはない。仕事で写真を撮るわけでは無いし、いまのところ写真展をやることも考えていない。いや、仮に写真展をやるにしろ、写真集を作るにしろ、「画質」を第一には考えていない。「画質」より「そこに写っている絵」の方が大事だ。そういう意味ではX-T3(X-T2ではない!)でも構わないと言えば言える。ただ、早朝や夕暮れ時にも撮りたいと思っているので「限界値」が高いカメラを使いたい。高感度特性はセンサーサイズが大きいほど有利になるので夕暮れ時の撮影ではAPS-Cセンサーとフルサイズセンサーの差が出る。私は、日没間際の弱く柔らかい光でポートレートを撮りたいと思っている。だから、フルサイズセンサーのカメラである必要がある(そういう点から言えば、α7Ⅲよりα7sⅢの方が良いのだが高すぎる)。

うーん、とても来年までは我慢できそうにない(笑)。いや、明日にだって買いたい。だって、お金を一円も使わず欲しいカメラとレンズが手に入るのだ。レンズのラインナップはいまより落ちるし、小型軽量という素晴らしさを放棄することになる。しかし、それにあまりあるものを手に入れることが出来るだろう。本気で撮る気になれるカメラとレンズだと言うことだ。


[PR]
by dialogue2017 | 2018-11-07 12:00 | 写真とカメラの話し | Comments(0)