朝の暇つぶし イメージ画像 トップライト

朝食を食べながら、暇つぶしにレタッチしてみた。と言っても、”pop”というフィルターを掛けて、そのあと微調整をしただけであるが。それでも、ひとつ前のエントリーに書いた、トップライトを前髪まで入れたかったというイメージが作れた。レタッチでいかようにも出来るというのがデジタルフォトの最大の利点であるが、なんだかな〜という気持ちになる。多分、未だにゼラチンシルバープリントに拘っている人々と言うのは、自分の手でモノを作ることに拘っているのではないかと思う。

その気持には深く共感を覚える。ただ、面倒な作業が嫌いな私は、そこまでやろうと思わないだけのことである。それに、モノクロの場合、デジタルフォトの方が階調を自由にコントロール出来るから。今さらフィルムで撮って紙焼きする特段の価値を私は感じない。むしろ、フィルムで撮るならネガカラーで撮ってみたい。カラーネガプリントの独特の美しさはデジタルフォトでは再現できないから。今月から少しフィルムで撮ろうと思っている。若くてスリムでとびきりチャーミングな女性を(笑)。

e0367501_08213626.jpeg

[PR]
by dialogue2017 | 2018-11-04 14:00 | モノクロ | Comments(0)