無事シャッターが切れた!

PENTAX645はアルカリ単三電池で動くので便利である。それはともかく、OM-D E-M5でピントが合わない。F4.6で合焦音がなり緑色の合焦マークが点灯したのにピンぼけ。でも撮り直しはしない。私は「一発勝負屋」だから(爆)。

e0367501_15051356.jpg

カレーを作った後、再びコープに行って単三電池を買ってきた。このカメラの使い方は100%失念していた。でもまあ、なんとかグリップから電池ケースをとり出して電池を入れてグリップに装着した。すると、液晶のインジケーターが点灯した。で、空シャッターを切ってみたが切れない。シャッターボタンが最後まで落ちない。ほんの少しだけだけど焦る(笑)。壊れているはずが無い。どこかにロックがあるかと思ってシャッターボタン周りを見回したがそういういモノは無い。

こういうときはネットで検索するのが一番早い。「PENTAX 645 空シャッター」と入れてgoogleで検査したところ直ぐに知りたい情報を見つけた。なんと、フィルムを入れないとシャッターボタンは落ちないという仕様である。しかし、空シャッターが切れないことは無いだろうと続けて文章を読むと、空シャッターを切る場合にはフィルムバックを取り外す必要があると書いてある。で、取り外してシャッターボタンを押してみた。カシャンと、無事シャッターが切れた。めでたし。シャッター音自体は小さめであるが、フィルムを巻き上げる音がいい感じだ。ちょっとくぐもった音がなんとも素敵だ。巻き上げ音というのはフィルムで撮っているという気分を盛り上げてくれる。これはMon's cafeさんの好みに合いそうだ(根拠の無い勝手な想像)。よし、あとは梱包してヤマト運輸に持って行くだけだ。幸い、ヤマト運輸の配送センターは自宅の近くにある。

Mon's cafeさん、"こちら”に「使用説明書」がありますので一通り目を通してから使って下さい。最初に目を通しておく方が、なにか分からなく成ってから探すより効率的だと思います。ついでに645Dも同梱して差し上げようと思ったのですが、ひとつだけ残っているYodobashi.ccの段ボールが小さくて1台しかカメラが入りそうにありません。MapCameraの段ボールが残っていたら他に2台くらい同梱して差し上げるのですが、数日前に娘がお習字の作品を挟むフォルダを作るのに解体して使ってしまいました。645Dの方は何れまた。

レンズは入るだけ入れておきます。FA645(オートフォーカスレンズ)を入れる意味がありませんが、45mmだけはFA645の方を入れておきます。渡部さとるさんが長年使っていたレンズです。渡部さんを唸らせるような写真を撮って下さい(爆)。カメラもレンズも好きなだけ使って下さい。私は友人にカメラを貸すと、だいたい2年は帰ってきません。最長は、7年以上返ってこないことがありました。まあ、その方はその間にそのカメラで写真集を2冊も出したので有意義でしたが(笑)。では、遠くないであろう初対面の日にプリントを拝見するのを楽しみしております。

これでメールを書く手間が省けた(笑)。完璧な「一人の読者との対話」だ(爆)。

追記。この話はこのブログに書いたと思っていたのだが、Facebookに書いた話であった。それを転載する。

娘が学校から、書道で書いた作品を挟む「フォルダー」を段ボールを使って作ってくるという課題を与えられた。娘が私の部屋から持って来た段ボールはこんな段ボールだった(笑)。

e0367501_15151156.jpg



[PR]
by dialogue2017 | 2018-05-16 15:30 | カメラ | Comments(0)