なんと撮影済みフィルムが…

もしかしたらとは思ったが、まさか本当に撮影済みのフィルムが入っているとは思わなかった。OM-D E-M5のAFが上手く使えなかった。顔認識が作動して変なところにピントが合った。設定を変えるのが面倒なので(どこにあるか探すのが面倒)ピンぼけのままで良しとした(笑)。

e0367501_12595869.jpg

RAP120。いまは無きFUJICHROME PROFESSIONAL ASTIA。「PROFESSIONAL 」フィルムだよ(笑)。

e0367501_13003323.jpg

上のPRO400Hの内の4本は昨年12月にRolleicordで撮ったもの。NEOPAN ACROSもそのときのもの。残るPRO400H1本は4月末Rolleiflex SLXで撮ったもの。SLXの中にはまだ1枚撮れるPRO 400Hが1本入っている。下に写っている120フィルムは「Fortia」。もう、幻のフィルムですよ。期間限定販売のフィルムだったので使ったことのある人は少ないかもしれない。私もほとんど記憶に残っていない。E100も10年ぐらい前に撮ったフィルムだろうと思う。多分、机の引き出しの中を探したら、あと7〜8本出てくるのでは無いかと思う(笑)。私は撮っている時に楽しければそれでいいので、撮ったあと現像に出すのが面倒になるのである。私にとっては、家族の写真以外の写真は全部失っても良い程度のものでしかないのだ。

追記。よく見たらNEOPAN PRESTOだった。10年ぐらい前に撮ったフィルムだろう。ACROSはまだRolleicordの中に入っていた。NEOPAN PRESTOは2014年に販売が中止されていた。

e0367501_13012502.jpg

『Mon's cafe』さんにPENTAX 645を送るため、家の近くのコープまで単三電池を買いに行った。動作しないと言うことはまず考えられないので、先方に電池を買って貰っても良いのだが、動作確認をしないで送るというのも失礼であるし、友人にカメラを貸す時には手にして直ぐに使える状態で届けて差し上げたい。私はそういう男である(笑)。

ところが、外に出るとあまりにも良い季候で、「よし、やはり今から江の島・鎌倉に行こう」と決めた。その為に、妻と子どもたちの夕食にビーフカレーを作っておくことにした。午前中、「お出かけするのであれば、早めに帰宅して私が夕食の支度をします」と妻からメールを貰っているのだが、仕事が積み重なっていることを知っているのでせめて夕食ぐらい作っておいてあげなければ。私はそういう男である(笑)。

で、ビーフカレー用の食材と、サラダの材料、ナンはいつもは妻が作るけれど今日は市販品で済ます。他にあれこれ買って、最後に娘のためにアイスクリームを買った。今日は暑いし、娘は大のアイス好き。で、家に帰ってくる途中、電池を買い忘れたことに気がついた。そうだ、Mon's cafeさんより妻と娘の方が大事なんだ(笑)。で、引き返そうと思ったけれど、とりあえず一旦家に帰ってきた。

電池が無いので動作確認は出来ないのだが、フィルムバックを抜き出してみようと思った。というのは、もしかしたら中にフィルムが入っているのではないかと思ったからである。いや、本当に入っているとは思っていなかった。いくら私でも、撮影後はカメラから抜き出すくらいはする。そのあと現像に出さないと言うのは良くあることだが、撮影済みである限りカメラからは取り出す(NIKON F3の中にはあと1〜2枚撮れるフィルムがもう4年入りっぱなしだけれど、それはまだ撮影済みじゃないから)。

このフィルム、11年前の上高地のフィルムだろうか? そのあと何か撮ったのだろうか? いずれにしろ今更現像に出したところでまともな発色はしない。でも、私は「写真なんて写っていれば良い」と本気で思っているので、現像に出してみるのも悪くないと思っている。なにしろ、今となっては使うことの出来ないASTIAだ(もしかしたら机の中に未使用のASTIAがあるかもしれないが。なにしろ未使用のKPRだってあるんだ・笑)。

私はこのブログの中で数え切れないほど何度も「私は撮っている時に楽しければそれでいい。撮ったあとの写真に対する執着はあまりない」と書いてきた。「本当かな?」と半信半疑で読んだ人もいるだろうし、「そんなわけないだろう」と信じなかった人もいるだろうけれど、私は本当に撮っている時に楽しければそれで良いのである。綺麗な写真を撮りたいという強い欲が無いばかりか、撮り終わった写真の大半はどうでも良いぐらいに思っているのである。だって、たいした写真を撮っていないもの(笑)。

何年かに一度、フィルムで撮ってみたいと思う。で、フィルムを買って何本か撮る。しかし、それで満足してしまって現像に出さないと言うことがほとんど。昨年12月にRolleicordで撮ったフィルムも、4月末にSLXで撮ったフィルムも現像に出していない。出さない理由は、この上更にお金を払ってまで見たいほどの写真なんて撮っていないから。同じ場所でデジタルカメラで撮った写真とちょっと違うだけだ。私はその差なんて気にならない。自分でプリントをするので無い限り、フィルムで撮るということには余り価値が無いと思っているのだ。だから、この春からネガカラープリントを始めようかと思っていた(結局止めた)。

私はカメラを手にしてブラブラと歩くのが好きなのである。江ノ島や鎌倉に行く理由は、写真が撮りたいからでは無く、海風に吹かれながら散歩がしたいからだ。そして、美味しい海鮮丼を食べたり、「ミルクホール」に寄って本を読みながら美味しい珈琲を飲みたいからだ。もちろん、写真を撮る楽しみは小さくない。私はファインダーを覗いている時が好きなんだ。そして、シャッターボタンを押す瞬間が楽しい。結果としての写真は二の次。今のデジタルカメラは性能が良いから綺麗に写っていて当たり前。綺麗に写っていたとしても私の腕が良いからでは無く、カメラとレンズが良いからに過ぎない。だから、撮った結果としての写真にたいする執着は大きくない。自分が撮った写真は好きだよ。自分が好きなものを撮っているのだから。でも、「カメラが撮ってくれた写真」だと思っている。

ああ、もう13時だ。今からカレーを仕込んで、電池を買ってきて、梱包して、ヤマト運輸に行っていたら、江ノ島に着くのは夕暮れ時になってしまう。せいぜい1時間ぐらいしか散歩も出来ないし写真も撮れない。でも行きたい。1時間でもいいし、写真は撮れなくても海風に吹かれたい。よし、まずはカレーの仕込みだ。645の発送なんて明日の晩でもいいや(爆)。


[PR]
by dialogue2017 | 2018-05-16 14:00 | カメラ | Comments(0)