人気ブログランキング |

クラシッククローム

今日はブログを更新する気力が無かった。しかし、更新をしなかったにも関わらずアクセス数は平素とほぼ同じでコメントまで頂いた。で、ご挨拶代わりに写真を1枚。この写真はすれ違いざまに撮った。私はあまりカメラを首から下げないのだけれど、この時はカメラを首から提げていた。ちょうど臍の位置ぐらいにカメラがぶら下がっていて、この子たちとすれ違いざまにシャッターボタンを押したのだが、ちょうど良い高さだった。そうだとは思ったけれどここまでぴったりの高さだとは思わなかった。

それにしても、西洋人の子どもって、この年齢でもう映画俳優のように見える(笑)。日本人の大多数が未だに西洋コンプレックスを抱くのも宜なるかなと思った(笑)。ドイツ車とドイツカメラを欲しがる連中ばかりだものな〜(苦笑)。私は「クラシッククローム」はほぼ全く使わないのだけれど、この「赤」と「青」はPROVIAでもASTIAでもどぎつかった。PRO Neg.Hiでさえまだこってりして見えた。で、緊急避難としてクラシッククロームを使った。渋くて良いね(笑)。すれ違いざまなのでちょっとぶれているのはご愛敬。

クラシッククローム_e0367501_22501793.jpg

Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-13 23:26
なるほど、クラシッククロームですか。
どうやら、かつてのライバル、Kodak社のKodachrome 64をシミュレートしようとしたのですね。^^

私はあまりKodakのフィルムは使わず、リバーサルはほとんど富士フイルムのRDPIIばかりでした。
でも、ときどきKRだけは使いたくなりましたよ。
あの渋くて重い発色はOne and Onlyでしたもんね。
コントラストが強いのに彩度が低い、不思議な味わいのフィルムでした。
Commented by dialogue2017 at 2018-05-14 14:53
> blackfacesheep2さん

クラシッククロームはご指摘通りKodachrome 64を見本にしているだろうと思います。
他社のフィルムですので富士フイルムではそう明言はしていませんが。

KR/KPRはいよいよいお終いになるという頃に何本か撮りました。
私には、どうしてあれほど断然の人気だったのか良く理解できませんでした。
まあ、事実上世界最初のカラーフィルムですから、
コマーシャルフォトのジャンルでは完全なデフォルトになっていたんですね。

確かに、One and Onlyの発色でしたが、不思議な人気だと想いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dialogue2017 | 2018-05-13 23:00 | スナップ | Comments(2)