文書だけだと殺風景なので写真を1枚。本文とは無関係ですが。

e0367501_17154054.jpg

あのギターの写真の背景は完全に暗く落ちています。皆さん、「黒い布」「暗幕」を使ったのではない推理されたようですが、クローゼットに布を貼り付けていたら1分でセッティングすることは不可能です。それに、たとえ「黒い」布であっても、至近距離から光を当てたら、あのように真っ黒には写りません。

レタッチでシャドーを落とせば暗くなりますが、それをやると今度はギター表面板のシャドー部もストンと落ちてしまいます。それより何より、最初に出した写真は、リサイズをしただけの撮って出しです。その旨明記しておきました。と言うことは、バックには光が全く当たっていないということになります。

つまり、皆さんが気がつかれたように、ライトと背景の間に遮蔽物を置いて「遮光」したと言うことです。どのような遮蔽物を使ったかはどうでも良いことです。

問題は、azukiyarouさんが気づいたように、ギターぎりぎりまで、いや、ギターに接触する程度にまで遮蔽物を近づけないと完全には遮光出来ないということであり、それをやるとギターのエッジにあの写真のようなハイライトが入らなくなるということです。

しかし、azukiyarouさんのレベルまで推理できれば「正解」と言って良いでしょう。あとは、実際にあれこれと試してみたら上手く行く角度が見つかるでしょうから。

カメラや写真のことをある程度熟知すると、よほど特殊な写真は別ですが、簡単にできる程度の範囲について、さっと思ったような写真が撮れるようになるなるものです。プロの場合、初めて経験する現場でも注文に応えて撮らなければなりませんから、「光を扱う」ことに長けていないと仕事ができません。彼らは光をコントロールするプロなのです。

アマチュアの方は、自分でライティングして写真を撮ることが少ないと思います。ストロボを使うとしても、カメラのポップアップストロボであることがほとんどでしょうし、偶にクリップオンストロボを使っている方を見かけても、被写体に向けて直接ライトを当てている人が多いです。

別に、ライティングなどの覚える必要はないのですが、フィルムを使ってまでモノクロ写真に取組んでいる人であれば、少し自分で光を作って撮影する経験をしておくと、良いモノクロ写真を撮る基礎力が上がると思います。

光を知っていれば思うような光を作れます。それができれば、良い光を見極める力も高くなります。家族をちょこっと撮る時でも、ほんのわずかなアングルの違いで写真の写り映えが変わります。

もちろん、撮り続けていれば、その程度のことはライティングの経験がなくてもわかるようになりますが、ライティングを経験しておくと、写真は上手くなりますね。ライディングを経験すると、いつでも光を気にする習性が染み付くからです。

以上、娘のボルタリング教室が終わるまでの暇つぶしで書きました(笑),

[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-20 16:41 | 写真論 | Comments(0)

『Mon's cafe』さんがこんなに頑張っています → 【ギターの写真のライティングテスト】

素晴らしいですね。何かに真剣になるって、素敵なことです。彼に以下のようなコメントを差し上げました。私はまだ彼にお目に掛かったことはありませんが、彼のプリントを拝見するのが楽しみです。

こんにちは。
息子さんの写真、珍しくデジカメですね。

ライティングテスト、随分頑張りましたね。
私が1分掛けたか掛けなかったかでやったことを、こんなに一生懸命やってくれて嬉しい限りです。

こういうこと(ライティングの勉強)をある程度やっておくと、
モノクロ写真を撮る"ベースの力"が上がると思います。
20年撮り続けていても光の捉え方が下手な人は沢山います。
一方、始めて直ぐに上手に光を捕まえる人もいます(稀ですが)。

ドキュメント系の写真の場合、反応力が一番大事です。
パンフォーカスを別にしたら、マニュアルフォーカスレンズではきついですね。
デジカメにAFレンズというのは「ドキュメント」を撮るには一番です。

しかし、モノクロ写真を撮っている人には多かれ少なかれ作品志向があります。
「作品」としてのモノクロ写真を撮るに当たっては「光」を見る目が重要です。
作家が良い写真を撮れている一番の理由は、
アマチュアの方のように何でもかんでも撮ってはいないということです。
彼らはみな、自分のトーンが出る「光」を探して撮っているんですよ。

「自分のトーン」はひとつとは限りませんが、いくつかのパターンである場合が多いです。
アマチュアの方も、「自分のトーン」が確立されると良い写真が一気に増えると思います。
「自分のトーン」が確立されると、プリントの悩みも減るでしょう。
悩まずにプリント出来るようになったら「自分のトーン」が出来てきたと言えると思います。

作家も、みなそこに至るのに結構な時間を費やしています。
若い頃のある時期には写真ばかり撮っていた人たちですら時間が掛かるのですから、
週末ぐらいしか写真を撮ることの出来ないアマチュアが「自分のトーン」を確立するのは、
なかなか大変な事なのだろうと思います。
まあ、泉君のように半年かからずそれを掴んでしまうような人も稀にいますが。

フィルムで撮り、ゼラチンシルバープリントをする最大の楽しさとメリットは、
「なんでもかんでも思うようにはならない」コトだと思います。
「思うようになら無い」ということは、やれる範囲が決まっていると言うことです。
そういう意味で、デジタルプリントは「底なし沼」的でキリが無いと思います。
弄ろうと思えばいくらでも弄れますから。

3ヶ月後、半年後、1年後のmon21monさんのプリントが楽しみです。


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-20 15:00 | Comments(0)

ギターの写真の件

フラットな光でグラデーションの無い写真を撮ってみた。これも書斎で撮影した。セッティング20秒。撮影2秒(笑)。レタッチ30秒。

e0367501_12414583.jpg

今日の午前中にあのギターの写真はどうやって撮ったかについての「解答」を書くつもりであったのだが、ちょっと用事が出来て外出しなければならなくなり書けなかった。このあともう一度外出し、帰宅後直ぐに娘をボルタリングスクールに送っていかなければならない。スクール終了時間には教室に妻がやってきて合流し、そのまま「茅野の家」に向かう予定である。茅野の家にはネット環境が無いため、帰京するまで「解答編」を書くことが出来そうに無い(iPhon、iPadは繋がるがキーボード無しでは文章を書く気にならない)。

「あのギターの写真はどうやってライティングしたのか?(1)」には、『Mon's cafe』(mon21mon)さんからもコメントを頂いているが、もう一方(ひとかた)、この間楽しい交流をさせていただいているazukiyarou(『SunsetLine』)さんからもコメントを頂いた。そのazukiyarouさんの「推測」が大変理にかなっていてる。もし彼が「実験」を全くすること無く、頭の中だけでシミュレーションしてみてあれだけの推測をしたのだとしたらお見事である。いや、実験をしたとしてもあの推測は立派である。というのは、彼の推測に間違いは何も無いからである。彼は95%正解に辿り着いている。最後の5%の種明かしをしたら、「な〜んだ、そんなこと」と思われるだろう。

「解答」を出すまでに時間が出来たし、間に土日が挟まるのでMon's cafeさんがもう一度くらい「実験」してみることが出来るかもしれない。だとしたら、この延期には価値があるだろう。で、「最後の5%」をクリアしていただくために、この件について一番最初に書いた「モノクロ写真を思うように撮る鍵は『光』を知っているかどうかにある」の中に記した、あの写真を撮ったときの状況説明を以下に引用しておく。

この写真の撮影は、ギターをクローゼットに立て掛け、その近くに蛍光灯スタンドを置いて明かりを当て、光の向きと強さを調整するまでが約1分ほどで、撮影はそのあと4カット撮るのに10秒ほどしか掛けていません。よーいドンから撮り終わるまでの時間ではカップラーメンができあがらないほどのインスタント撮影です(笑)。

私は、あの写真を撮るためのセッティングに1分ほどしか掛けていない。そして、そのあと4カット撮るのに10秒程度しか使っていない。ようするに、手間が掛かるようなことは何一つやっていないと言うことである。4カット目を撮った後、「そうだ、背景を落としていない写真を1枚撮っておこう」と思い浮かび、"この写真”を撮った。"あるセッティング”をしないで撮ると背景はこの写真のように明るく写ってしまうのである。

"あるセッティング”に関してはazukiyarouさんの推測が当たっている。最後の難題をクリアするに当たって彼が「うーん」と唸ってしまうのも宜なるかな。私は、翌々日あのときの撮影を再現しようと思ったら上手く出来なかったのだ(笑)。まあ、それくらい微妙なギリギリのところでの「遮光」だったわけであるが、私は本番に強いタイプで、必要に迫られたときだけ実力が出るのである。人生、それだけでやり抜いてきた(爆)。

【追記】「Mon's cafe」さんがこんなに頑張ってチャレンジしていました →「Puff,puff」



[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-20 13:00 | 写真論 | Comments(0)

夕暮れ時

久しぶりに夕焼けを見た。夕焼けの写真を撮ったのはもっと久しぶりのことだ。

e0367501_18575664.jpg


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 20:30 | スナップ | Comments(0)

こんなに新緑が綺麗なのにモノクロ写真ばかり撮っていると感性がひからびちゃうよ(爆)。春ぐらいカラー写真を撮ろうよ!

e0367501_17292687.jpg


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 20:00 | Comments(0)

好きな花なんだけれど写真に撮るとパッとしないんだよね〜。でも、好きだから載せておく(笑)。

e0367501_17270711.jpg

[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 19:30 | スナップ | Comments(0)

手前側の花が「面一」になるよう撮ったつもりが失敗。絞れば良いのだけれど、奥をぼかしたかったので…

e0367501_17472850.jpg


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 19:00 | スナップ | Comments(0)

やはりこういう写真はXF60mm F2.4 Macroの方が撮りやすい。バックが暗くて今ひとつ春らしさに欠けるが花ビラの色が綺麗なので載せておく。

e0367501_17163779.jpg


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 18:30 | スナップ | Comments(0)

1枚VelviaにしてしまうとそのあとPROVIAに戻れない(笑)。心地よいボケ加減だ。

e0367501_17083210.jpg

[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 18:00 | スナップ | Comments(0)

Velviaの鮮やかさは魔物だと思う。参考までにヒストグラムを掲載しておく。

e0367501_16580885.jpg

花ビラがこんなに光り輝いているのにこういうヒストグラム。ハイライト側がこんなに少なくてもこれだけ明るく見える。バックが暗いから。

e0367501_16551674.jpg


[PR]
# by dialogue2017 | 2018-04-19 17:30 | スナップ | Comments(0)